製品紹介

ストーリー

あの日まで、そこは美しい松林や大きな屋敷林がありました。

震災の前、海岸には美しい松林が、家の周りには大きな屋敷林がありました。海岸の松林は、私たちの先祖が、海風をよけて作物を育てるために長い年月かけて、植え続けてきたものです。強い風に吹かれ、塩っけの多い土地で、マツは少しずつ大きく育ちました。屋敷林は暑い夏の日差しを遮り、冬には強い北風から家を守ってきました。
木は人々の暮らしを支え、人とともにありました。

2011年3月11日。
人々の暮らしとともに、松林も大津波にのまれ、倒され、流されました。何万本とあった海岸林は折れたり根こそぎ流されたり。浜はすっかり無くなってしまったのです。屋敷林にも波はおしよせ、倒されなかったものも根が塩水につかり、やがて枯れていきました。
そういった木たちはがれきと呼ばれ、砂や泥が付いたまま、集められました。長い間、100年以上も人の暮らしを守ってきた木は、もう役に立たないもの、死んだものとして燃やされたり、粉砕されてチップにされたりしました。

でも私たちががれきと呼んで片付けているもの。津波で流されてしまったもの。それはかつての人々の暮らしそのものでした。
ひとくくりにして呼んでいいようなものではない、思いのかたまりなのです。

その思いを何か残せないか。
もしかしたら、木なら。伐られてから、生きてきた年月と同じか、もっと長い期間製品として使われ、生きられる木なら。もう一度、人々の暮らしを支える存在になれるかもしれない。
そしてもしかしたら、その木を見て、みんなと一緒にいた松林や屋敷林を思い出してくれるかもしれない。そのことで、少しでも笑顔になれるかもしれない。そんな思いから、タコマツは生まれてきました。

つらいことがまだまだ多いから。復興への道はずっと続くから。ひと時でもタコマツといっしょに笑ってほしい。
それはずっと人とともにいてくれた、木の願いそのものかもしれません。

タコマツの木づな

タコマツの木づな

タコマツの木づな

タコマツの木づな

この人たちが作ってます

プロジェクトリーダー 若杉浩一

プロジェクトリーダー
若杉 浩一
パワープレイス株式会社

制作リーダー 芳賀正明

制作リーダー
芳賀 正明
株式会社奥羽木工所
専務取締役

緑の募金

緑の募金

売上の一部は
「緑の募金」へ寄付されます。

東北復興木づかいプロジェクト“タコマツの木づな”の売上の一部は、緑の募金(使途限定基金)に寄付されます。この募金は、東日本大震災復興事業として、被災地の防災林等の森林設備、居住地域や学校周辺の緑化、および間伐材等による日用品の寄贈などに使われます。

売上の一部は「緑の募金」へ寄付されます。

カタログを見る

タコマツの木づな カタログ

“タコマツ”を活用することが、
復興への大きなチカラにつながります。

被災木から生まれたイス“タコマツ”は、地元の方々の手で一つひとつ丁寧に家具として新たな命を吹き込まれていきます。
いずれは粉砕されチップになる運命だった被災木を救い、身近なアイテムとして愛してもらうことも、東北の人々や森に元気を広げて行くことも、みんなでチカラをあわせれば、きっとできるはずです。

カタログを見る